株式会社設立を安く

株式会社設立を安くする


株式会社設立した後には会社運営をするために多くの費用がかかります。ですから、できるだけ安くしたいと考える人は多いでしょう。そう思ったときには行政書士などの専門家をうまく使うのが良いと考えられます。

専門家に依頼すれば報酬を支払わなければなりませんが、現在の報酬の相場を考えれば、支払った方が安くなる場合が多いのです。

株式会社を設立するためには、まず定款を作成しなければなりません。普通に作成をすると言えば、紙に印刷をすることをイメージする人は多いでしょう。かつてはその方法しかありませんでしたから、たいていは紙で作成をしていました。

しかしながら、パソコンが普及してきたことによって、電子的に作成することができるようになっています。電子的に作成された定款を電子定款と呼びます。

電子定款を作成すると、4万円分安くなります。紙に印刷した場合には、その定款に収入印紙を4万円分貼らなければなりませんが、電子定款の場合にはこれが必要ありません。
そう考えれば電子定款を作成したほうが良いと考える人もいるようですが、作成をするためにはいろいろなソフトウェアや機器が必要となります。

ただ単に作成をするだけではなくて、作成したものをPDF化しなければなりません。
そして作成したPDFファイルに対して電子的な証明書を付加することが必要となります。
そのためには、まずPDFを作成するソフトウェアが必要となりますし、証明書を付加するためにはICカードを読み込むための機器も必要となります。特にPDFを作成するためのソフトウェアは高く、4万円を超えてしまうことも多いのです。

ですから、株式会社を設立するときに、電子定款作成の手続きを全て行うと、却って割高になってしまうこともあります。

もちろんですが、ソフトウェアや機器をその後も利用する場合や、すでに持っていたりする場合には自分で作成したほうが良いですが、限られた業種にしかならないでしょう。

株式会社の電子定款は、専門家に依頼して作成してもらうのが良いのです。定款の内容そのものは自分で作成しなければなりませんが、それを電子定款として完成させる部分だけを専門家に依頼するのが良いです。
そのための報酬は1万円くらいが相場ですし、探せばもう少し安い場合もあります。また、専門家に依頼すれば登録免許税が割り引かれる電子申請を行ってくれることもありますから、安い費用で株式会社を設立したいのであれば、この方法がもっとも適しています。

Copyright© 2014 株式会社設立をしていくうえで必須となる項目の勉強方法と下準備 All Rights Reserved.