「ワンストップ」の意味とは

会社設立代行における「ワンストップ」の意味とは


会社設立は昨今の経済の中で、非常に注目を浴びているもののひとつとなっています。ある業界の中で研鑽を積んできた人が、自分の考え方で、自分の目指す会社を作るという際には会社設立は不可欠のものとなります。

会社を大企業目指して育てていくにしろ、地域に根ざした企業を目指して育てていくにしろ、まずは会社を設立することが必要となるのです。
ですが実際に会社設立を行うにあたっては、さまざまな手続きや準備が必要となります。

たとえば発起人による定款の作成や、公証人による定款の認証、株式引き受けや出資、取締役の選任といったさまざまなステップにおいては、それぞれ違った方面での専門知識が求められるということもありえます。

そうしたさまざまな知識を発起人となる人がすべて身につけるということも不可能ではありませんが、実際にはさまざまな費用がかかってしまいます。

また書類の提出に当たっても、効率的な方法を知っているかどうかによってかかるコストが変化しますので、もし多少なりとも不安があるのであれば、会社設立手続きを代行してくれる企業に依頼をするというのがスマートな選択肢となることがあるのです。

現在、会社設立を支援している企業は数多くありますが、その中には「ワンストップ」と呼ばれる言葉を推している企業があります。

ではここでいう「ワンストップ」とはどういう意味なのかというと、これは「あらゆる関連作業を一度の手続きで完了させることができるサービス」という意味になります。

つまりワンストップという言葉を用いている会社設立代行サービスの会社には、法律上必要な手続きや、税務上必要な手続きを進めるにあたって必要となる知識を備えている人が在籍しているといえるのです。

また会社設立にあたって作成する書類や届出の中には、税理士や司法書士といったような異なる専門資格を持つ人が必要になるケースもありますので、税理士事務所や司法書士事務所などに依頼をするよりも、会社設立という点においてはワンストップサービスを行っている代行会社に依頼をすることがより効率的となります。

また代行会社によってはそうした届出のみではなく、会社設立が完了した後の看板作成やノベルティグッズ作成、ホームページ制作や店舗事務所の改築工事など、多岐にわたるサービスを実施している会社も存在しています。

もちろんサービスの幅が広ければ広いほどいいというわけではなく、重要なのは「発起人にとって必要な作業をしてもらえるか」ということであるという点には注意が必要ですが、会社設立に関するコストを引き下げたいのであれば、ワンストップサービスを実施している会社に依頼をするという選択肢があるということを覚えておくと良いでしょう。

Copyright© 2014 株式会社設立をしていくうえで必須となる項目の勉強方法と下準備 All Rights Reserved.