事業計画書を作成する

株式会社設立のために事業計画書を作成する


株式会社の設立では、初めに事業計画書を作成することができます。
事業計画書の作成様式は自由ですが、会社の理念と方向性に沿った計画書を作成しなければなりません。
明文化する項目にはさまざまなものがあります。事業の目的、事業内容、資金計画、収支計画、市場環境、市場アクセス、経営プラン、商品戦略、価格戦略、流通戦略、人員計画、日程計画、リスク計画などがあります。

また、辞表評価や需要見込み、マーケティング戦略などを加えることもできます。基本的な項目としては、事業目的、事業内容、資金計画、収支計画です。創業の目的や、会社の将来、どんな事業を行いたいか、どんな商品を扱うのか、サービス、技術、業界についてなどを伝えることができます。

株式会社の設立では、株式会社についてのメリットとデメリットについても知っておく必要があります。デメリットよりもデメリットの方が多いのが特徴ですが、それでも両面をしっかり把握しておく必要があります。
株式会社のメリットは、減価償却が任意で行えること、実効税率の低減が図れること、直接金融が可能なこと、資金調達が容易なことなどがあります。

経営基盤が安定すること、知名度が上がること、信頼瀬が高まること、生前贈与が容易になること、弔慰金で想像税の非課税枠が使えることなどもメリットです。株式会社のデメリットには、社会保険が強制加入であること、交際費に制限があること、経理事務が複雑なこと、役員の任期があることなどがあります。

また設立時の法定費用が高いこと、決算の公告義務があることもデメリットでしょう。株式会社を作るのにかかる費用は、登録免許税に150000円、定款印紙代に40000円、定款認証手数料に52000円がかかります。

なお、登記所に提出する書類の作成は、登記メーカーなどのツールを使って作成を行うことができます。創立申請に関わる書類や、役員変更の書類、資本金増資、本店移転、目的変更、商号変更、住所変更、定款変更の書類も作成できます。

具体的に必要な書類は、OCR申請書、印紙台紙、委任状、印鑑届書、取締役決議書、取締役会議事録、定時株主総会議事録、会社変更登記申請書などがあります。

株式会社は未成年でも発起人になることができます。
ただしその場合は、法定代理人(親権者双方)の同意が必要となります。そしてしかるべき添付書類の提出が求められます。
会社設立にあたっては、事前に類似商号を調査しておく必要もあります。

Copyright© 2014 株式会社設立をしていくうえで必須となる項目の勉強方法と下準備 All Rights Reserved.