「のし」はどうする?

会社設立お祝いの時の「のし」はどうする?


会社設立はそれを成し遂げた人にとって、人生で忘れがたい一大イベントの日となります。それを達成するまでにはその業界のノウハウを学んでいくだけではなく、会社を経営していくに当たって必要な法律や条令に対する知識、そして会社を運営していくだけの能力を培わなくてはなりません。

そうしたものは一朝一夕で獲得できるものではありませんから、会社設立ができたときにはそれ相応の喜びが感じられることでしょう。

友人や知人、取引先が会社設立を行ったという際にはお祝いをするというのがマナーになります。ですが自身にとってゆかりある人の会社設立とはほとんどの人にとって、人生において何度もめぐり合うものではないため、お祝いの際のマナーというものもなかなかわからないことが多いというのが実情です。

では会社設立、つまり開店祝いや開業祝いを贈る際の「のし」の扱いはどのようにするべきなのでしょうか。

まずのしとは慶事における贈答品に添える飾りをさす言葉ですが、これはお中元やお歳暮などの包み紙についている、紅白の紐で作られたリボンのようなものをイメージするのがわかりやすいでしょう。
開店祝いや開業祝いの場においては通常、紅白の蝶結びと呼ばれるようなものが適しているとされています。

金封に対しては紅白の蝶結びのほかにも、あわじ結びと呼ばれるような結びがされているものも使えますが、特別な事情がない限り、会社設立のお祝いにつけるのしは「紅白の蝶結び」を選べばいいと考えればよいでしょう。

のしをつけて贈るものは何が良いのかというと、これはTPOに応じて選ぶべきということになります。
一般的に喜ばれるのは花などの贈られる人にとって処分に困らないようなものや、どのような場面でも無駄になることがないようなものでしょう。

また会社設立が完了するまでにはある程度の現金がかかりますし、これから会社を運営していくに当たっては少しでも現金が多いほうが良いというのは事実ですから、気持ちをこめて現金を贈るというのも良い選択です。

お祝いをする相手の好みや事務所、店舗などの常用を理解できているのであれば壁掛けの時計や、来客用のコーヒーカップ、コーヒーメーカーなども非常に好まれます。

相手がお酒を好む方なのであればシャンパンや日本酒なども良いでしょうし、創業者個人へ向けたお祝いの品というのも良い選択です。

もし相手が知人程度の付き合いであり、そこまで多額の商品や現金を用意するほどではないというような場合であれば、従業員の方が休憩時間につまめるようなお菓子の詰め合わせなどでも問題はありません。

会社設立は相手にとって忘れがたい日になりますので、なるべく良い日にできるように協力する気持ちを大切にしましょう。

Copyright© 2014 株式会社設立をしていくうえで必須となる項目の勉強方法と下準備 All Rights Reserved.